背中の脱毛

特に薄着になる春から夏。
今年こそ脱毛をしようと思っている人も多いのでは。
ワキや腕などは比較的目に留まる部分です。
ドレスを着る人は自分の見えない部分、背中も重要ですね。
ドレスでなくても夏の装いは髪をアップにしてうなじや背中を出すことが多くなるので気にしてみてもいいかもしれません。
背中は自分ではなかなか見ることが出来ないので、脱毛する時にも幾つか注意が必要。
今回は背中の脱毛をする時の注意点をご紹介しましょう。


まず範囲を明確に決めること。
背中といってもうなじから腰辺りまでとっても広いです。
あなたが脱毛したい背中はどこですか。
ドレスを着るために見える部分を気にする場合は、うなじや肩周りのですし、水着を着るもしくは全身であれば腰までが範囲になります。

次に、背中は自分で脱毛器で脱毛することはできませんので、クリニックによる医療脱毛なのか、いわゆる脱毛サロンでの脱毛を行うのかを決めることになります。個人的にはこちらの脱毛サロンが良いと思います。

次に施術を受けたあとに気を付けたいこと。
それは、日焼けです。
背中に限らず腕でも足でも脱毛後は乾燥しがちで皮膚が薄くなっています。
直後に日焼けをしてしまうと肌トラブルの元になり、なかなか治らなくなってしまいます。
特にうなじなどは意識していないところで焼けてしまうので注意が必要です。

施術後のケアですが、脱毛後のお風呂も肌トラブルを招く危険がありますので注意が必要です。
ゴシゴシ身体を洗ったり暑すぎるお湯につかったりするのは、皮膚や身体の負担がかかりすぎてしまいますので、脱毛直後はシャワー程度で身体に負担をかけないようにしましょう。
特に背中は自分で見えない部分でもあります、赤みやホテリなど気づくのが遅れてしまうので脱毛後は特に気に掛けるようにしましょう。

Copyright © 2014 背中の脱毛で後ろ姿も美しくなろう All Rights Reserved.